読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

PhotoLifeBlog

美しいものをみつけられるカメラマンを目指して

PhotoLifeBlog

写真と共に過ごす

浦安市花火大会で写真を撮ってきました

しばらく更新が滞っていましたが、先週土曜日8月30日に浦安市花火大会にて写真を撮れたので久しぶりの更新をします。

浦安市花火大会

東京の隅田川花火大会の裏でひっそりやっている花火大会ということもあり、場所取りや協賛席も比較的取りやすく疲れることもなく花火を楽しむことが出来ます。

今回は連れと二人で見に行ったのですが、前日の夜に協賛席のS席をコンビニで予約することができました。
比較的空いているといっても首都圏の花火大会であり17時を過ぎると、協賛席以外の入場は制限されるようです。

さすがに隅田川と比較すれば規模は小さいですが、協賛企業にあのディズニーのオリエンタルランドがいることもあり結構気合が入っています。
花火のアナウンス?なんかもディズニーランドのショーを彷彿とさせる勢いで、実はディズニーから出張しているのでは?と思ってしまうくらい。
隣へ座っていた高校生か大学生の女の子も笑っていました。本当テンションが高い高い。
私も浦安へ半年に満たないくらいですが、住んでいたことがあるのですがこんなに気合の入った町だとは思っていませんでした。

S席といっても範囲が決まっていてその中は座席の指定などはなく、自由席のためカメラを構えることができるかどうかわからなかったのですが、端の席を取ることが出来たので三脚を立てることができました。
このために、三脚を買った甲斐がありました。

今までもらい物の三脚、マンフロットのMKCOMPACTACNを使っていたのですがしっかりカメラを固定することが出来ないため交換しました。

kakaku.com

今回買った三脚もそれほど高い物ではなく、1万円ちょっとの物ですが使いやすくなりました。
購入したものはこれ。MKBFRA4-BH。

kakaku.com

色々迷ったのですが、持ち歩きのしやすさで選びました。
車などは持っていないので、普段写真を撮るときには電車やバス、徒歩の移動が中心。
あまり大きく重い三脚を買っても結局使わなくなってしまうのが怖くて持ち歩きのしやすさを第一に考えました。

重量は、1.4キロとそれほど軽い訳ではありませんが、許容範囲内。なんとか持ち歩けます。
高さは、センターポールを伸ばさない状態で123cmと高くはありませんが、私は身長が170cm(160cm台と言いたくない。)もないのでちょうどいいかなと。

実際、使ってみて高さに不満が出ることはありませんでした。(今回は、見ている人が多く居たため座った状態くらいの高さまでしか伸ばしませんでしたが…)
雲台も、相当いい物を使った事が無いので評価は出来ませんが、以前使っていた物と比べると狙った場所にしっかりと固定出来るため満足です。
また、作りもヒョロヒョロはしていなく安定しています。
これのおかげで今回まともにバルブ撮影することができました。

あと、しっかりとリモートコードのMC-DC2も買いましたよ。

kakaku.com

これも、ケンコーの物と迷いましたが、結局純正が一番かなと思いこっちを購入しました。
純正といってもそれほど高い物ではありませんので。

レンズは、いつものSIGMAの標準ズーム 17-50mm f2.8 を付けて撮影に挑みました。

冒頭にも貼り付けましたが、撮った写真です。

浦安市花火大会

シャッターを開くタイミングと閉じるタイミングが難しく、なかなか綺麗に撮ることが出来ませんでした。
これでも、500枚以上撮った写真の中でまともに撮れた方の写真です。

絞りは、F11でピントは無限遠に設定して撮りました。

撮影方法は、studio9さんの記事を参考にさせて頂きました。

photo-studio9.com

ここのサイトの記事はいつも勉強になります。このおかげで、ここまでなんとか撮影出来ました。

家に帰ってからは、比較明合成を初めてしてみました。
いつもLightroomばかりですが、Photoshopをまともに使ったのも初めて。

同じAdobe製品のため連携して使う事が出来るのが便利ですね。
比較明合成の方法も非常に簡単。

ただ、同じ位置に花火があがるので組み合わせが難しかったです。
悩みながら作った写真がこれ。

浦安市花火大会

がっつり花火を入れすぎましたが、楽しむ事ができました。

浦安の花火は、海で上げるため背景に何もないのが少しさみしいですね。
もう少し考えて場所取りとカメラの高さを調整して、打ち上げる船も入れる事が出来れば、花火のスケール感も出せたのかなと反省しています。
バックが真っ暗で比較対象がないため、花火が大きくダイナミックに見えないですね。
次回撮るときは、そういうことも意識して撮影に挑もうと思います。

何はともあれ楽しく写真を撮れたので満足でした。

浦安市花火大会